竪穴住居

弥生時代(やよいじだい)の竪穴住居(たてあなじゅうきょ)

 

地面を掘り下げて床とした半地下式の住居です。

床に柱を立て、植物をかけて屋根にしました。

 

竪穴住居のぬりえをひらく
Language »