パレオイソプス

パレオイソプス

約4億年前(古生代デボン紀前期)にいた巨大なウミグモの仲間で、ドイツから化石が見つかっています。全長40センチメートルにも達し、当時の強力な捕食者だったと考えられています。ウミグモは、カブトガニやクモ、サソリなどに近い節足動物です。

 

パレオイソプスのぬりえをひらく
パレオイソプスのぬりえをひらく
Language »