WEBサイト全体の簡単な説明

ページ編集テスト

才知あふれる郷士ドン・キホーテの最初の旅立ち

これらの準備が終わった後、彼は計画の実行をこれ以上先延ばしにしようとは思いませんでした。正そうとしている過ち、取り消そうとしている不平、修復しようとしている不公平、取り除こうとしている虐待、そして放棄しようとしている義務のことを考え、自分の遅れによってそれだけ世界の損失も大きいとの思いに駆られたのです。

ドン・キホーテの鉛筆画

「友よ、サンチョ。向こうに30だか40だかの大きな巨人が見えるか ? 私は彼らと戦い、殺すつもりだ」

— ドン・キホーテ

ssss
ssssss

高名なる郷士、ドン・キホーテ・デ・ラマンチャの人柄と冒険について

それほど昔のことではありません。その名は忘れましたが、ラ・マンチャ地方のある村に、槍立て台に槍、古い盾、痩せ馬と猟犬と住むような型通りの郷士がおりました。羊肉よりも牛肉の方が多めの煮込み鍋、ほとんどの夜食はサラダ、土曜日には臓物、金曜日にはレンズ豆、日曜日には少し贅沢に小鳩を余分に食べ、これで収入の4分の3ほどは消えていました。

残りは休日用の上質な上着、ベルベットのズボン、靴になりましたが、平日の間は最高の手織りの服で勇敢な姿を見せていました。彼の家には、40歳を越えた家政婦、まだ20歳前の姪、そして畑や市場で働く若者がおりました。この郷士はもうすぐ50歳になろうとする年齢で、骨組みは頑丈、肉付きは薄く、細面、たいへんな早寝早起きで、部類の狩猟好きでした。

それならば、この郷士は暇な時 (もっとも、ほとんど一年中暇なのでしたが)、騎士道の本を熱心に読みふけって、狩猟はおろか、財産の管理さえもほとんど完全に忘れるほどだったことを彼らは知っていたに違いありません。さらに彼の情熱は何エーカーもの耕作地を売って読みたい騎士道の本を買い求めるほどで、手に入る限りの本を持ち帰ったのでした。

しかし、それら多くの中でも有名なフェリシアーノ・デ・シルバの作品ほど彼が好んだものはありませんでした。その文章の明晰さと錯綜した論理は、彼の目には珠玉のように思われたからです。特に、文中で恋文や決闘状に出くわしたときには「道理なき道理の前に我が道理の力も弱まり、君が美しさをつぶやくこともまた道理なり」、あるいは「高い天は、君をその偉大さに値する砂漠にふさわしく映す」というような一節をしばしば見つけたからです。