プロフィール


マントヒヒの調査でエリトリアへ

両生類・爬虫類担当学芸員
山根 明弘
おおた やすひろ
やまね あきひろ

1966年兵庫県西宮市に生まれる。
1994年九州大学大学院博士課程修了。
1994年 博士(理学)を取得。
1995-1998年 環境庁国立環境研究所・野生生物保全研究チーム 科学技術特別研究員。
2000-2002年 京都大学霊長類研究所 講師(中核的研究機関研究員)。
2002年4月から北九州市立自然史・歴史博物館 学芸員。
専門は動物生態学、博物館での担当は両生・爬虫類と遺伝子解析。

研究業績

【主要な研究論文】

  • Yamane, A., Ono, Y. & Doi, T. (1994) Home range size and spacing pattern of a feral cat population on a small island. Journal of Mammalogical Society of Japan, 19: 9-20.(日本哺乳類学会発行
  • Yamane, A., Doi, T. & Ono, Y. (1996) Mating behavior, courtship rank and mating success of male feral cat (Felis catus). Journal of Ethology, 14: 35-44.(日本動物行動学会発行
  • Yamane, A., Emoto, J. & Ota, N. (1997) Factors affecting feeding order and social tolerance to kittens in the group-living feral cat (Felis catus). Applied Animal Behaviour Science, 52: 119-127. (Elsevier Science B. V. 発行
  • Yamane, A., (1998) Male reproductive tactics and reproductive success of the group-living feral cat (Felis catus). Behavioural Processes, 43: 239-249. (Elsevier Science B. V. 発行
  • Yamane, A., (1999) Male homosexual mounting in the group-living feral cat (Felis catus). Ethology Ecology & Evolution. 11(4): 399-406. (University of Firenze 発行
  • Ishida, Y., Yahara, T., Kasuya, E. & Yamane, A. (2001) Female control of paternity prior to copulation: inbreeding avoidance in female cat. Behaviour, 138: 235-250. (Brill Acad. Publs.発行)
  • Yamane, A., Shotake, T., Mori, A., Boug AI. & Iwamoto, T. (2003) Extra-unit paternity of hamadryas baboons (Papio hamadryas) in Saudi Arabia. Ethology Ecology & Evolution, 15(4): 378-387. (University of Firenze発行)
  • Mori, A., Yamane, A., Sugiura, H., Shotake, T., Boug, AI., & Iwamoto, T. (2007) A study on the social structure and dispersal patterns of hamadryas baboon living in a commensal group at Taif, Saudi Arabia. Primates, 48: 179-189. (Springer)
  • Yamane, A. & Nishida, S. (2010) Fine-Scale Spatial Genetic Structure and Genetic Diversity among Clouded Salamander (Hynobius nebulosus) Populations. Current Herpetology, 29(2): 78-90.(日本爬虫両棲類学会発行)

【著書】

【雑文】

【学会発表など】

研究紹介

博物館に来るまでは、主に、ネコやサルなど、哺乳類の生態や遺伝の研究をしておりました。現在もサウジアラビアに生息するマントヒヒ社会の血縁構造を、直接観察と遺伝子解析によって調べています。担当分野の両生・爬虫類についても、北九州市あるいはその周辺で、なにか面白いことができないかと、現在、模索中です。

Language »